低金利でお金を借りるメリット・デメリット

今は金欠の状態になったとしても、割と安心してお金を借りることができる時代です。これも法的な規制が入っているために金融機関が法定外の高額の利息を取るようなことがなくなったからなのです。金欠になると、身近な人からお金を借りることを考える人もいることでしょう。しかしながら、知り合いなどに借りるとあとでもめる可能性もあるので、できれば避けたいものです。そこで金融機関を頼るようにするといいでしょう。
金融機関でお金を借りたいときに気になるのが、金利手数料のことです。銀行やクレジットカード会社、消費者金融などの金融機関があるのですが、低金利であるところとしては銀行を挙げることができます。銀行は経営が堅実であって、審査も慎重になります。ですから、一般的には審査に時間がかかります。すぐにお金がほしいという人には不向きであったいするのがデメリットとして挙げることができるでしょう。
しかし、低金利でお金を借りることができれば、元金と比較しても返済額がそれほど増えないので、返済は楽になるというメリットがあります。
それに対して、ほかの金融機関では金利は多少高くても審査がゆるかったり、時間がかからずに即日で融資を受けることができたりするのです。ですから、自分の状況にあったところから借り入れをするのがいいのです。
低金利で借りることができればありがたいものですが、一方で時間がかかるなどのこともいえるので、よく検討してみるといいでしょう。

カードローンで低金利はやっぱり銀行系

カードローン先を比較するポイントの一つ「低金利」

カードローンの利用が生じるとついつい、「すぐに借りられるか!?」というところばかりが気になりがちですが、借りたら金利が発生することも忘れてはなりません。特に銀行系のカードローンは他の金融機関より、断然低金利ですのでぜひとも利用したいところです。銀行系も大手メガバンクやネット銀行などで金利も変わってきます。比較してみましょう。

大手メガバンクの金利

三菱東京UFJ銀行・・・1.8%~14.6%。

みずほ銀行・・・3.0%~7.0%。

三井住友銀行・・・4.0%~14.5%。

借入金額の大きさにもよりますが、一番低い金額での借り入れの場合は2.0%を切るという低金利の銀行もあります。大手メガバンクという安心感にプラスしてのこの低金利は見逃せません。

ネット銀行の金利

イオン銀行・・・3.8%~13.8%。

オリックス銀行・・・3.0%~17.7%。

楽天銀行・・・1.9%~14.5%。

ネット銀行も低金利なところが多いです。ほとんどがインターネットを活用しての申し込みという便利さに加えて、中にはカードローンの利用ごとに利用先のポイント付与というサービスがある場合もあります。貯めているポイント先でカードローンを利用すると実質負担額が減るということもあります。

銀行系のカードローンは審査が厳しいのが難点ですが、通ることが出来たなら低金利での借り入れが可能となります。

年収の何割くらいまでがカードローン限度額で融資が可能なのか?

カードローンでは、総量規制がかかるので、年収の3分の1までしか借りられないようになっています。しかし、総量規制は貸金業法で定められている規制なので、銀行法が適用される銀行カードローンでは、このような制限はありません。しかし、銀行で借りる場合でも、限度額は年収の3分の1くらいが目安となるようです。

年収の3分の1というのは法律で定められた上限なので、必ずこの上限まで融資が受けられるわけではありません。年収が400万円の正社員の人でも、消費者金融に申し込みをしたら限度額が50万円になるということもよくあるようです。年収の1割~2割程度を目安として考えておくとよいかもしれません。延滞をせずに利用をしていれば、信用が上がっていくので、最終的には年収の3分の1程度まで借りられるようになるでしょう。

銀行カードローンの場合には、法律による上限がありませんが、中小企業の正社員の人の場合、年収の3分の1程度が目安となるようです。公務員の人や、大企業の正社員の人は、年収の半分くらいまで借りられることもあるようです。また、年収が高い人は、それだけ生活に余裕があると見なされるので、高い限度額を借りられる傾向があります。例えば、年収300万円の人に比べて、年収600万円の人が必ずしも2倍の食費をかけているわけでもなく、2倍の家賃のところに住んでいるわけでもありません。年収が高い人は生活レベルが高いことが多いものの、生活費はそれほど大きくは変わらないため、余裕があると見なされます。
http://www.tppmpsfortransparency.org/

銀行系サラ金で借り入れするメリット・デメリット

銀行系サラ金を利用するメリットとしては、何よりも大きなことは「金利が低い」と言うことです。借金をする時に重要なポイントとは「返す労力」で、つまりは「完済総額がどの程度になるのか」と言うことが重要です。

例えば、100万円を借り入れした時の完済総額が10倍の1000万円になるのでは借りる意味はほとんど無いと言えます。現状でサラ金を利用した場合の総額はおおよそ200万円位になることが多いものの、返済期間を考慮すれば極端な倍率とは言えません。ただ、出来れば100万円の借入れを100~150万円程度の範囲で完済出来ることが望ましいと言えるため、その為には「低金利の銀行系サラ金を利用する」と言う選択が有効になってきます。

サラ金系には、独立系サラ金と銀行系サラ金の2種類があります。この内、後者に関してはバックボーンが銀行と言うことで潤沢な資金を持った運営が可能です。資金力があると言うことは、それすなわち「融資基準ならびに利用環境が良くなりやすい」と言うことになる為、相対的に安心して利用出来る環境が多くなります。

ただし、メリットばかりと言う訳ではありません。融資難易度が高くないという意味ではメリットがあるものの、実際に利用する環境としては「銀行カードローン」には遠く及ばない性能です。ある程度難易度が低く、更に極端な高金利では無いと言う魅力はありますが、何をおいても優先するほどの性能では無いと言う点がデメリットです。

アコムの返済でatmを利用したときの体験談

知らなかったことで損をしてしまった体験談です。モビットは提携先のatmであれば、いろんなところで利用できると書かれていましたので、利便性が高いカードローンと感じていました。返済をするときもコンビニで行うことができますので、その点が魅力的でしたが、いざ使い始めてびっくりしてしまいました。コンビニatmを利用すると、お金が発生してしまいます。1万円以上の返済をすることが多く、そのたびに216円利用手数料を取られていました。お金を返済するのにお金を取られることになります。

これじゃ損をするばかりになると考え、無料で返済する方法を知るためにアコムのサイトを閲覧しました。そうするとアコムの店舗であれば無料で利用できるとのこと。さっそく次回の返済時に利用しようと出向きました。意外に人が多い場所にあり、女性としてはなかなか入りづらく困ってしまいました。でも勇気を出してなかに入って返済してみると、意外に時間が掛かります。アコムのatmの取引が異常に時間が長いわけではなく、体感的にそう感じたのでしょう。かなりドキドキしてしまいました。

毎回このような感じで返済することになるのか?それとも利用手数料が掛かるのを我慢してコンビニで返済がベストな選択になるのか?いろいろと試行錯誤しましたが、現在はアコムの店舗を利用して返済しています。意外に慣れてしまうものです。異様な取引の長さは最初だけであり、いまでは数分の処理で終了して快適な返済を送っています。